[Phoenix Tour Osaka(関西支店)のトップページへ]
≫≫ウズベキスタンのトップページへ
お問い合わせ お問い合わせ

アフガニスタンとの国境、シルクロードの要衝の町 テルメズ
旅人 : 内山 路子


ウズベキスタン南部の町「テルメズ」。アムダリア川を越えればアフガニスタンとの国境。2002年に創立2,500周年を迎えた。
 この町にはヘレニズム文化の栄えたグレコ・バクトリア時代やクシャーン時代の「仏教遺跡」が点在する。イスラム色の濃い国だと思われるウズベキスタンだが古くよりシルクロードの要衝にあったことから、さまざまな文化が交差し影響を受け現在に至っていることがこの遺跡群からわかる。
 カラ・テパ(2〜3世紀:Kara-Tpe)、ファヤズ・テパ(紀元前1世紀:Fayaz-Tepe)、キリク・キズ宮殿(9世紀:Kyrk-Kyz Palace)、ハキム・アッ・テルメズィー(748〜869年:Khakim At-Termezii Mausolem)など見所が盛りだくさん!!

 現在のウズベキスタンには原始、古代、中世にかけての遺跡が数多くあるが、その形成や発展において隣国のアフガニスタン、インド、イラン、中央アジアのさまざまな国々と密接な関わりがある。
 サマルカンド、ブハラ、フェルガナ、そしてスルハンダリア州の州都「テルメズ」はシルクロードの要衝で、地勢的に便利なため歴史的発展を遂げた。キャラバンの道に沿ってたくさんの芸術や文化がもたらされ、商人とともに芸術家や、アレクサンダー大王、玄奘三蔵法師などもこの地を訪れた。
 テルメズはバクトリアによりオクス(アムダリア)河岸に造られ、バクトリア時代にヘニズム文化の影響を強く受ける。その後クシャーン朝のカニシカ王の時代には中央アジア最大の仏教の中心都市になり、テルメズは最盛期を迎えた。この頃にカラ・テパやファヤズ・テパなどの仏教施設が、テルメズ及びその周辺に多く造られ、仏教東方流伝の中継点の役割を果たすことになる。この町ではかつて、グレコ・ローマの神々やインドの神々のデザインが鋳造されたコインを使い交易をしていたのでコインも多く出土している。

 1998年年春には以前より行われていた仏教建築群であるカラ・テパの調査が再開された。この調査団は加藤九祚氏によって組織され、ウズベキスタン側からはサマルカンド考古学研究所とタシュケントの芸術科学研究所のスタッフが参加。この調査ではカラ・テパ北丘における仏塔(大ストゥーパ)の発見に成功し現在も発掘が続いている。

 遺跡以外でも見所がたくさんある。そのひとつが、ウズベキスタンとアフガニスタンを結ぶ「友好の橋」。橋の周辺では羊飼いがのんびりと羊を放牧していたりし、シルクロードらしい雄大な風景が広がっている。
 市場では香辛料、野菜、果物、生活雑貨などが売られ、混沌としたカオスの世界に浸ることができる。それに加えてウズベク人はとても親日的。そんな現地の人と触れ合うチャンスは旅の思い出を一層深いものにしてくれるはず。。。

カラ・テパの仏教遺跡

 カラ・テパという仏教遺跡群は、アムダリア(アム川)河畔の軍事施設内にあるので特別な許可を取らないといけない。この遺跡は北丘、西丘、南丘の3つの部分に分かれている。現在までに。西丘と南丘で石窟寺院が確認されており、北丘では僧院が見つかっている。また、岩窟の前面には中庭がある。漆喰が塗られているものもあれば朱色などに彩色されているものもあった。壁面には壁が掘られ、ランプが置かれていた。南丘の中庭の内部の床面には絵が刻まれていた。岩窟の入り口は日干し煉瓦の壁(ピロン)が構築されていた。

 98年春にこのピロンが雨で著しく崩壊した、その結果土の中に埋もれた仏陀の座像が発見され、現在タシケントの歴史博物館に展示保存されている。この坐像は粘土で作られ、表面に石膏が塗られ、更にその上に赤色に塗色されており、この地域で発掘された仏像の中で最も美しいといわれている。

 アレクサンダー大王、ティムール、玄奘三蔵の通った道シルクロードの中心部。シルクロード好きの方にはたまらない土地柄。特に色濃く文化を実感できる素朴かつ繊細な場所。。。






キリク・キズ宮殿

【ズルマラのストゥーパ(塔)】
日干し煉瓦と粘土で造られており、基壇は9×8m。ストゥーパの中にさらに小さなストゥーパがある。表面には漆喰が塗られ赤く彩色されていた。
【ハキム・アッ・テルメズィ-・廟付近の地下僧房】
はじめテルメズに往来した仏僧の多くはインド出身者であったため、インドにおける初期仏教共同体に特徴的な洞窟タイプの仏教施設の遺跡も多々見られる。
【テルメズ考古学博物館】
仏教遺跡「カラ・テパ遺跡」の出土品をはじめ、石器時代の武器、陶器などの出土品も数多く展示されている。

            会社案内・IR情報旅行業約款
海外の安全情報は、外務省 海外安全ホームページ をご確認下さい 
※当サイトに掲載した写真は全てイメージ写真です。当サイトの企画及び写真、コピーの無断複写・転載などを禁じます。
Copyright (C) Phoenix Entertainment TourS All Rights Reserved. .