TEL:+81-6-6534-6361  3F/4FItachibori Bldg,1-5-2 ITACHIBORI ,NISHI-ku,OSAKA 550-0012
Phoenix  
地図  お問い合わせお問い合わせ
[Phoenix Tour Osaka(関西支店)のトップページへ]
韓国の伝統家屋に泊まる旅 ソウル・楽古斎(ラッコジェ)フリー3日間

韓国の国旗 韓国・安東市 河回村(ハフェマウル)
〜朝鮮時代の伝統的家屋が残る藁葺き屋根の民族村〜
旅人:斉藤恵美






両班(ヤンバン)家屋の佇む村を訪ねて・・・・

 国の伝統文化に触れるには、ソウルから日帰りも可能な安東(アンドン)にある民族村「河回村(ハフェマウル)」がオススメです。素朴な村の雰囲気や民家・建物は、ほどよく見ごたえがあり、じっくり2時間くらいで見て周ることができます。

 民族村といっても、実際に人が住んでいて、なかには民宿もできる両班(ヤンバン)家屋もいくつかあります。なかでも一番有名なのは北村宅(重要民族資料第84号)。この家屋は1862年に河回村の中央に建立された非常に雄壮としたヤンバン家屋です。

この北村宅(※民宿では飛び込みでは泊まれません。事前に予約が必要)には、お忍びでペ・ヨンジュン氏も泊まりにきたとか・・・。

 日帰りで訪れるのもいいですが、民宿で伝統文化を体験しつつ、満点の星空、夜明けの素朴な村の風景を楽しんで頂くこともできます。 

 ヤンバン文化と庶民文化が調和してるこの村では、ヤンバンと庶民の関係をコミカルで風刺的に表現した仮面劇が伝承され、国の重要無形文化財にも指定されております。1999年、エリザベス女王の訪問を機に、観光地としての整備が進み、今では年間約80万人の観光客が訪れています。
河回村の中にはレストランはありません
切符売り場のあるところまで戻り、そこのレストランで昼食を食べましょう。レストランではハングルのみですが、ビピンパ5000ウォン〜などが食べれます。


■時間に余裕がある方に!
河回村を一周した後、時間に余裕があれば、渡し舟(土・日のみ/2000ウォン)に乗って対岸の絶壁の扶蓉台(ブヨウンデ)に登ると、河回村が一望できるスポットがあります。
尚、冬(11月〜2月)は渡し舟の運航がありません。



ソウルから河回村へのアクセス(片道約4時間)

  行き
  ソウル東バスターミナル発 安東行き 高速バス 約2時間50分 15600ウォン
  ※15〜30分おきに出ています。
  ※ソウル東バスターミナルは地下鉄江辺駅の向かいにあります。
   ソウル中心の市庁駅からは江辺駅までは地下鉄で約30分です。  
 
  安東についたら、河回村行きの46番バスに乗り換えます。
  安東発 ハフェマウル行き 46番バス 約30分  1100ウォン 
  ※安東発 6:20/8:40/10:20/11:25/14:05/14:40/16:00/18:10

  帰り
  ハフェマウル発 安東行き 46番バス 約30分 1100ウォン
  ※ハフェマウル発 7:15/9:50/11:40/12:50/15:00/16:10/19:00
 
  安東発 ソウル東バスターミナル行き 高速バス 15600ウォン
  ※15〜30分おきに出ています。
  ※帰り、日曜日の場合は渋滞する為、3〜4時間かかります。



河回別神(クッ)仮面劇 

 河回村で伝承されてきた、河回別神(クッ)仮面劇は、河回村の守り神を楽しませる娯神行為として古来から河回村で行われてきましたが、1928年の祭礼を最後に途絶えてしまいました。

 1973年10月に河回村及び安東市在住の若者達が、地域の優れた伝統を今一度再生させる為、唯一の技能保存者であったイ・チャンヒ氏の協力のもと研修を重ねて4年の歳月を費やして1977年に復元公演を実施。河回別神(クッ)仮面劇保存会として新たにスタートを切りました。河回村の観光の目玉のひとつになっています。 
 河回別神クッ仮面劇は1980年に国の重要無形文化財69号に指定され、現存する面は12世紀(高麗中期)頃の作品であることから国宝に指定されています。保存会は河回村での常設公演のほか、安東市の安東国際公演など精力的に活動しています。
 伝統仮面劇の常設公演は、3月・4月・11月は毎週日曜日午後3時〜、5月〜10月までは毎週土曜日・日曜日の午後3時〜約1時間公演しています。公演は河回村の入り口にある仮面劇伝授館にて(無料)
※野外円形劇場の為、雨天の場合は中止になる可能性もあります。


■基本情報 
住所: 慶尚北道安東市豊川面河回里
TEL :054-854-3669
開園時間:9:00〜19:00(11月〜2月は18:00)
■料金
河回村入場料 大人2000ウォン / 13〜18才 1000ウォン / 子ども700ウォン

■仮面劇伝授館への行き方
河回村から手前1kmほど離れたところに、切符売り場、案内所、仮面劇資料館、みやげ物屋、レストラン何軒とバス乗り場があります。まずはここで切符を買って、無料シャトルバスで村へ往復します。
韓国の伝統家屋に泊まる旅 ソウル・楽古斎(ラッコジェ)フリー3日間

            会社案内・IR情報旅行業約款
海外の安全情報は、外務省 海外安全ホームページ をご確認下さい 
※当サイトに掲載した写真は全てイメージ写真です。当サイトの企画及び写真、コピーの無断複写・転載などを禁じます。
Copyright (C) Phoenix Entertainment TourS All Rights Reserved. .